大人が持つ高級ボールペンは

ちゃんとした筆記具を一本持ちたいなと思っていたところ、国産工場の職人さんがつくった心のこもったボールペンに出会いました。

ボールペンに重みがあると手になじんで疲れないことがわかりました。

「ペン工房キリタ」から届いた「ケーファー」には、手になじむ重み、金属のかすかなひんやり感と同時に滑らかな感触があって、要するに手に持っていて心地よいのです。

 

f:id:ivoryw:20170716135334j:plain

重みがあるということは、長時間使うと、手が疲れるのではないかと思いましたが、実際はそうではありませんでした。

 

私は業務でパソコンを多用するようになってから、電話メモ以外、ほとんど手書きをしなくなった時期が続き、その頃は、筆記具を持つ手の力が衰えて、手書きするのが苦痛でした。

昔、よく箸の持ち方や鉛筆の握り方を注意される子供がいましたが、ちょうどそのようにボールペンなどを握りしめて書いていました。今も時々、ボールペンのラバーに爪を立てていることがありますから、ひどい持ち方です。

 

「ケーファー」はそれ自体の重みが紙面にかかるので、必死でペンを握って筆圧をかけなくても、力を抜いたまま楽に字が書けました。手書きがいやでなくなりそうです。「ペン工房キリタ」がこだわっている重量感が大事であることがわかります。

 

素材は真鍮(しんちゅう)とあります。五円玉でお世話になっている合金ですね。確かに硬貨のしっかりとした質感とも似ています。

 

「ペン工房キリタ」の製品ラインナップを見てみますと、すべて、こういった質感を大事にした、ベーシックで落ち着いた大人のボールペンばかりです。「ケーファー」を手にして大満足なのに、「KWラッカー」という製品も欲しくなってきました。「KWラッカー」は「ケーファー」以上にボールペンらしいボールペン、オーソドックスなデザインです。ひとたび本物を手にして、良い体験をすると、欲が出てきてしまいました。

 

さて、今日は一日、何やかやと書き散らかして、すっかり「ケーファー」が手になじんだようです。