大人が持つ高級ボールペンは

ちゃんとした筆記具を一本持ちたいなと思っていたところ、国産工場の職人さんがつくった心のこもったボールペンに出会いました。

届いたボールペンはこんなに高級でよいのかしらと思うほどでした。

「ペン工房キリタ」に発注した高級ボールペン「ケーファー」が宅急便で届きました。

 

まず、目に留まったのが、外箱に宅急便ドライバー宛のメッセージ。丁寧だなぁ。

f:id:ivoryw:20170716122831j:plainf:id:ivoryw:20170716122857j:plain

 

外箱を開けると、「ペン工房キリタ」の3代目桐田平八社長自らの手書き署名入りサンキューカードが現れてさらにうれしくなってしまいました。

f:id:ivoryw:20170716123835j:plain

 

ラッピングされたギフトボックスを見て、いっそう期待感が高まります。

f:id:ivoryw:20170716124410j:plain

いよいよギフトボックスを開けると、わぁ、素敵!!高級感があってしかも上品です。キャッハーと私は上品ではない叫びを上げていました。

f:id:ivoryw:20170716124924j:plainf:id:ivoryw:20170716124726j:plain

 

ボールペン本体のほかに、一本無料の替え芯と芯をとりかえるときのアタッチメントもはいっていました。ギフトボックス(有料)も高級です。台紙が本当のビロードで手触りが気持ち良いです。

 f:id:ivoryw:20170716124841j:plain

 さて、ボールペン(ケーファー)を手に取りますと、これがずっしりと重みがあって、まさしく高級ボールペンの手ごたえです。艶と深みのある胴の部分は握った感じが心地よく、ペンの重みで安定して字を書くことができます。

手に収まる大きさであることも、使いやすいと感じました。

f:id:ivoryw:20170716135444j:plainf:id:ivoryw:20170716132121j:plain

 ペン上部のスワロフスキーは美しく、名入れ彫刻も思った通りに入れてくださいました。

もう、うれしくて、このペンであれば自分のものとして、ずっと愛着を持って使っていけます。

f:id:ivoryw:20170716132218j:plainf:id:ivoryw:20170716132247j:plain

 

このボールペンを選んだときは、うきうき、わくわくし、「ペン工房キリタ」さんのサイトを読みながら、楽しい時間を過ごしました。

実際に「ケーファー」が届いたときは、きめ細やかな送付の仕方や、製品のクオリティの高さに驚き、東京の下町工場の職人さんの業と真心に感動しました。。

 

すべてが予想以上で、自分が支払った以上のものをいただいた気持ちがします。

  

名入れ無料!下町初、真鍮製高級ボールペンの製造直販【ペン工房キリタ】